旅先のホテルでしたい乾燥対策

August 21, 2017

乾燥というと冬によく話題になりますが、実は夏だってホテルのお部屋は要注意。
せっかくの旅先で、ノドのイガイガやお肌パリパリに悩まされないために、簡単にできる対策をご紹介します。

ベッドのそばに1杯のお水を

気密性が高くエアコンが稼動するホテルの部屋は、やはり乾燥しているもの。
加湿器がない場合には、グラスにお水を注いで、ベッドサイドテーブルに置いておくだけでも違います。

濡れたタオルを干す

使い終わったバスタオルやフェイスタオルは、垂れない程度に水を含ませて、部屋の中に干しておきましょう。

涼しいウェアを持参して

エアコンの強度が調節できるようなら、弱めに設定するのもあり。
自分が一番涼しく眠れるナイトウェアを持参して。さらに掛け布団を減らしてバスタオルなどで代用すれば、設定温度を上げてもかなり眠りやすくなります。
服装や寝具で涼しさをつくりましょう。

「自分」を潤す

お部屋だけでなく、自分を潤しておくのも大切です。
眠る前までにお水をたっぷり飲んでおきましょう。
またスキンケアも普段より少しコッテリ目に。特に乾燥しそうな部分には、ワセリンやクリームでフタをしておくのも有効です。
旅先だからこそ、ちょっと贅沢なパックなどを持って行って、セルフエステしちゃうのも楽しいですよ。

上手な対策で、素敵なホテルステイを楽しんでくださいね!