おうちに帰ったらジュエリーをはずして

July 04, 2017

すっかり定番となったスキンジュエリー。
華奢で肌なじみのよいアクセサリーは、ついつい付けっぱなしにしがちですよね。
お気に入りのものを、お守り代わりにずっと付けていたい!という女性も多いのではないでしょうか。

だけど、特に夏のこの時期、アクセサリーはしっかり「はずす」ことが大切なんです。

かゆみ・かぶれの原因に!

夏はアクセサリーでかぶれやすい季節。

かぶれというと、金属アレルギーがまずイメージされますが、原因はそれだけではありません。
つけっぱなしのアクセサリーには、汗や皮脂、石鹸カスなどがたまり、雑菌も繁殖しやすくなります。その刺激で、かゆみが出ている場合もあるんです。

アレルギーの場合はそれに即した対処が必要ですが、汗や汚れによるかぶれは毎日きちんとはずしてお手入れすることで防げることもあります。

アクセサリーの寿命ものばそう

つけっぱなしは、アクセサリーにとっても良いことではありません。
指輪が変形しちゃったり、チェーンが切れてしまったり。さらには宝石がポロリと取れてしまった日には泣くに泣けませんよね。

また、一度いたんでしまうと取り返しのつかないジュエリーもあります。
例えば、真珠、サンゴ、べっ甲など有機物の宝石は、傷つきやすく水洗いもできないデリケートなものです。
またパワーストーンなど、色石にも洗えないものが多いので要注意です。

アクセサリーに、おつかれタイムを!

おうちに帰ってホームウェアに着替えるときには、アクセサリーもはずします。
はずしたらすぐ、やわらかい布で「拭く」のが一番のお手入れ。
汗や汚れをこまめに落とすことで、金属や宝石が曇ってしまうのを防ぐことができます。
1日の疲れをねぎらうようにお手入れして、ケースに横たえてあげてくださいね。

またゴールドやプラチナなどの貴金属や、ダイヤモンドは、ぬるま湯に中性洗剤を溶かしたもので優しく洗ってOK。週末などにゆっくりお手入れしましょう。