もうすぐ真夏!ピカピカボディをつくる方法

June 22, 2017

真夏がせまってきました。

リゾートウェアや水着を躊躇なく着られるピカピカのカラダを準備しておきたいもの。

汗や紫外線、日焼け止めなど、この時期のボディはたくさんの刺激にさらされて疲れ気味です。
それなのにボディケアしようとすると、お風呂上がりの汗が噴き出るわ、ベタつくわで、もう大変!

今回は、夏に向けて快適に全身の肌をケアするアイディアをご紹介します。

基本は、よく落とし保湿!

顔と同じくケアの基本は、よく落としよく保湿。
特に夏場は日焼け止めや汗などをしっとり落とし、肌を清浄に保ちたいものです。
こってり系の日焼け止めを使っている場合は、顔のついでにボディもクレンジングしちゃいましょう。

保湿にはジェルやローションなど、夏向きなボディケアアイテムを。
プレローションなどとして売られている、大容量の顔用化粧水をバシャバシャと使うのも気持ちいいですよ!

潤い派なら、濡れた肌にオイルを

ちょっと潤いが足りていないときには、オイルを上手に使いましょう。
おすすめは、ホホバオイルなどのさらっとしたもの。

ただしオイルは、お風呂上がりに塗ろうとすると、ベタつきとの戦いになりがち。
そこで、カラダを洗い終わったら、濡れたままの状態で塗りこむのがオススメです。もう一度さっと流して、タオルでふいたら出来上がり。
ほどよいツヤが出ますよ!

サラサラ派なら入浴剤+ボディパウダー

夏場のベタつきがキライ!できれば何にも塗りたくない!という方は、保湿系の入浴剤とボディパウダーを試してみて。

まずはカラダを洗ったあと、保湿成分入りの入浴剤を入れたお風呂に入るだけ。とってもシンプルです。
お風呂上がりのケアは、シルクパウダーなどの保湿できる粉をはたきます。
服を着てもさらりと心地よい肌を作ることができますよ。

今年の夏、キラキラした女性になるために。この時期のケアがカギになります!