今、使いたいのはガーデニア(くちなし)の香り

May 24, 2017

着物の世界には季節の花を先取って着るという風流な習慣がありますが、香りにも季節感を取り入れると、優雅な気分で1日を始めることができます。

今の季節におすすめは「くちなし(ガーデニア)」。
6月から7月に咲く清楚な白い花は、甘さの中にエキゾチックで妖艶な魅力をたたえた香りを発します。

今回は、そんなガーデニアの香りを楽しめる香水の名作をご紹介します。

ペンハリガン『ガーデニア』

ヴィクトリア朝時代から香りの歴史を受け継ぐ、ロイヤルワラント(英国王室御用達の認定証)所有ブランド『ペンハリガン』。
『ガーデニア』が生まれたのは1976年です。長らく愛されてきた香りは『アンソロジーコレクション』に加わっています。
清潔な透明感と、クリーミーな包容力が同居した名香です。

シャネル『ガーデニア』

くちなしの名香の代表格といえば、やはりシャネルのガーデニア。
『レ ゼクスクルジフ ドゥ シャネル』シリーズの1本として発売されており、香水好きの憧れの1本でもあります。
芳醇で官能的、女性美そのものといった素晴らしい香りです。

kai by gaye straza『kai eau de parfum』

kaiはマリブ発のボディケアブランド。
アイテムたちには、ガイエ・ストラーザが幼い頃を過ごしたハワイの情景が詰め込まれています。
『kai eau de parfum』は比較的新しい香りですが、その新鮮なガーデニアの解釈が多くのセレブリティにも愛され、現代の名香となっています。
海、緑、白い花。島に流れるムードが満点、夏に向かう季節にぴったりの香りです。

もちろん香水以外にも、ルームフレグランスやアロマキャンドルなど、お部屋の香りとしてもガーデニアはおすすめ。
初夏の夜を、優雅で少しミステリアスにしてくれる香りを楽しんでみてはいかがでしょうか。