ファーストフラッシュは爽やかな春の味

March 27, 2017

命が芽吹く春。紅茶の世界にも、春の味が登場します。それが「ファーストフラッシュ」。
ダージリンを中心とした北インドの産地から届けられる「春摘み茶」です。

ファーストフラッシュは春の味

春・夏・秋と3回の収穫が行われるダージリンティー。
東ヒマラヤ山麓は寒暖差の大きい土地で、そのドラマチックな気候がそれぞれの季節の茶葉に個性を与えます。

ちなみにダージリンティーのクオリティシーズンは夏。
夏摘みの「セカンドフラッシュ」は、驚くほど香気高く、味やコクも乗っていて、「紅茶のシャンパン」と呼ばれるダージリンティーのイメージそのものの味わいです。

一方「春摘み」のファーストフラッシュは、どちらかというと軽やかで繊細。少し青さのある爽やかな香りが魅力で、緑茶に似た発酵が軽いものも多く見られます。
味や香りのインパクトはセカンドフラッシュにくらべると淡いものの、春らしい優しく清涼感のあるお茶です。

このように季節によってまったく楽しみ方が変わってくるのも、ダージリンティーの大きな魅力の1つです。

ファーストフラッシュを美味しく淹れるには

ファーストフラッシュだからと言って、特別な淹れ方をする必要はありません。
ただし「丁寧に淹れる」ことは結構大切。これは清々しい香りや、軽やかな味わいを損なわないためです。

ここでは自宅で気軽にできる淹れ方の一例をご紹介します。

・茶葉はカップ1杯あたりティースプーン2杯程度
・ポットやカップは事前に温めておく
・ポットに茶葉を入れたら、90〜95度のお湯をいきおい良く注ぐ
・3〜4分ほど蒸らしたら、カップに注いで出来上がり

ファーストフラッシュの胸のすくような清涼感は、目覚めの1杯にぴったりです。
北インドの春の香りとともに、素敵な1日をはじめてみてはいかがでしょうか。