寝る前のひととき、おいしい『ホットミルク』を

March 09, 2017

寝る前の飲み物の王道といえば、やっぱりホットミルク。
眠気を誘う効果があるとも言われ、夜中に小腹が減ってしまったときの強い味方でもあります。今回は、そんなホットミルクをさらに楽しむ方法をご紹介します。

ホットミルク3つの作り方

一番簡単なのは電子レンジです。マグカップに牛乳を注ぎラップはせず、500w1分半〜2分程度でもう出来上がり! 1分以降は10秒ずつ様子を見ながら温めれば、好みの熱さに調節しやすいですよ。

ミルクパンで温める場合は、ゆっくりかき混ぜながら決して沸騰させないように。鍋肌を伝って小さな泡がプツプツと上がってきたら飲み頃です。

さらにこだわるなら湯煎で「牛乳のお燗」。
鍋で沸騰させたお湯の中に、牛乳を注いだマグカップを入れて温めます。お湯がマグカップに入らないように、水位に気をつけて。

ハチミツ、ジャム、甘酒も!

ホットミルクをより美味しくしてくれるのが、少しの「甘味」。お砂糖だけでなく、いろいろな甘さを試してみるのも楽しいものです。
代表格はハチミツをつかった穏やかな味の「ハニーミルク」。
いちごジャムを入れて「ホットいちごミルク」。
その他にも甘酒やキャラメルソース、黒蜜きな粉なんていうのもオススメです。

お夜食なら「粉末スープ」を

甘くない「ちょい足し」なら、粉末のスープを。通常はお湯でいれるものですが、ホットミルクを使うと一味違います。
コーンスープやポタージュ、クラムチャウダーなどのクリーミーなスープが良く合います。濃厚でおいしいお夜食になりますよ。

少しのお酒も眠りのおとも

ふんわりリラックスしたい時には、お酒を少し入れてホットカクテルとして飲むのもおすすめ。甘い香りのお酒、例えばブランデーやラム、日本酒などがよく合います。
チョコレートやコーヒーのリキュールもリッチな味わいです。

ホットミルクのバリエーションを増やして、寝る前のひとときを楽しんでくださいね!