春の疲れに朝昼晩の「ホットアイマスク」習慣

March 03, 2017

いよいよ3月。人も動き、年度末の忙しさもある季節です。

なんとなく落ち着かず、毎日に追われているような気がするときは「ホットアイマスク」。
目のまわりをじんわり温めると、さまざまなイイコトがあるかも?

朝は蒸しタオルでアイマスク

朝一番のアイマスクなら、「蒸しタオル」を。
タオルを濡らし軽く絞ったら、電子レンジにかけるだけ。500wから600w1分程度でホカホカのホットタオルの出来上がりです。
くすみやクマの改善にも効果があると言われているので、メイクの仕上がりも良くなりますよ。
洗顔前に顔全体にのせて、簡単パックをするのもおすすめです!

お昼休みに15分仮眠

「パワーナップ」という言葉があるように、短い時間のお昼寝は午後を元気にしてくれると言われています。
お昼休みに少し目をつぶる時間が取れるなら、ぜひここでもホットアイマスクを。
使い捨てタイプの市販のホットアイマスクなら、荷物にもならず、手軽に使うことができますよ。
視界が暗くなるので、さっと眠りに入りやすいのも嬉しいところです。

眠る前には、ポケットつきアイマスク

夜寝る前に5〜10分程度、ホットアイマスクをして目をほぐすのも素敵な習慣です。
とくにデスクワークの人は、1日中視線を画面に固定していますから、眼のまわりの筋肉もこわばっているはず。じんわり温めて、緊張をとってあげましょう。
ジェルのパックを装着するポケットつきのアイマスクなら、毎日経済的に使えます。
温冷どちらも使えるジェルが多いので、暑い日には冷たいアイマスクとして使うこともできますよ。
可愛いデザインを選べば、より楽しいベッドタイムになりそうです。