寝室をちょっと楽しくする「いい香りの枕」

March 13, 2019

睡眠の質の良し悪しが、よく話題になる昨今。質の良い眠りを取らなきゃ…と、焦ったり頑張りすぎてしまうと、逆に落ち着かなくなってしまうこともままあります。

ちょっと視点を変えて、「寝室をもっと楽しむ」ために工夫をしてみるのはいかがでしょうか。例えば、いつもの枕に、いつもと違う「香り」をプラス。ベッドに入るのがちょっとだけ楽しくなるかもしれません。

気軽に使える「ピローミスト」

一番気軽にいい香りの枕を楽しむなら、市販の「ピローミスト」がオススメです。
スプレータイプのフレグランスを、シュッと枕に吹き付ければ、あっという間にいい香り。
ミストは洗濯するたびに香りをリセットできるので、何種類かの香りを使い分けて楽しむのもおすすめです。

ハーブクラフトで天然の香りピロー

ナチュラルな香りや質感が好きな方には、そば殻や小豆などの枕を選び、その中身にラベンダーなどのドライハーブを混ぜるのもおすすめ。少しかたい枕の感触と、優しい香りが自然なくつろぎを感じさせます。
ドライハーブがあまり香らなくなったら、枕を揉んだり、同じハーブの精油やフレグランスを足してあげるとさらに香りを楽しめます。

スッと忍ばせる「ペーパーインセンス」

寝室に置くだけでOKの香りのアイテムとしては、サシェやポプリがポピュラーですが、枕とカバーの間にスッと忍ばせるなら「ペーパーインセンス」もオススメです。
ペーパーインセンスはその名の通り「紙のお香」。香炉などの上で燃やすことで香りを広げるものですが、そのままカバンや手帳に挟むだけでも良い香りがします。
薄い紙ゆえに、あまり邪魔にならないので、寝室でも使いやすいアイテムです。
「今日は何の香りで眠ろう?」そんなワクワクとともに、寝室に向かう夜はなかなか楽しいものですよ!