春眠暁を…。ねむねむの春の朝をすっきりさせるコツ

February 25, 2019

じんわりと暖かさが増してくるこの季節。「春眠暁を覚えず」という有名な一節にもある通り、朝の眠気と戦っている人も多いのではないでしょうか。

今回は、ほんわか眠い春の朝をすっきりさせるアイディアをご紹介します。

とにかく「光」を浴びる

一般的に目をスッキリさます方法として、一番一般的なのは「強い光」を浴びる方法です。
窓を開けて「日光浴」と「外気浴」を一緒にするとより爽やかですが、花粉症の人や、夜明けより早く起きる人などは難しい場合もありますよね。
そんな時は、カーテンを開けてお家の照明をしっかりつけるのでもOK。
夜寝る前の時間をやわらかな明かりで過ごしたり、睡眠中はきちんと照明を落としたりと、1日の中で明るさのメリハリをつけるのも大切です。

好みの「香り」でスッキリと

ベッドからは起きられるけれど、なんとなく気分が重たい…。そんな朝には「香り」の楽しみを取り入れてみてはいかがでしょうか。
アロマオイルなら、元気な気分を呼び覚ますレモンやオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系の香り。スッキリとしたユーカリやミントの香りも朝にぴったりです。アロマポットでお部屋に香りを満たしたり、ルームフレグランスを用意してお部屋にスプレーすると、気分が変わります。
また、穏やかな香りが好みなら、日本の「お香」や、緑茶の葉を専用の香炉で炙る「茶香炉」もおすすめです。

足湯に蒸しタオル!「温度」で目覚め

とにかく動き出す元気が欲しい!そんな時には「温度」を味方につけて。
例えば、シャワーしながら大きな洗面器やバケツで足湯も同時にしちゃう「シャワー足湯」。朝の少ない時間でも、汗をかくことができ、カラダが温まります。
また湿らせたタオルを数十秒電子レンジにかけるだけの「蒸しタオル」。目元や顔全体に当てると、暖かさですっきりと目がさめる上に、お肌の色艶も良くなるので一石二鳥です。

春の朝といえば、「春眠暁を覚えず」以上に有名なフレーズに、「春はあけぼの」なんていうのもありますよね。
せっかくなので美しい「あけぼの」を楽しめるよう、気持ち良く朝の時間を過ごしたいですね!