真冬のリラックス。柑橘果汁をホットで楽しむ

January 11, 2019

冬は柑橘類の季節。そのまま食べるのはもちろん美味しいですが、果汁を使ってホットドリンクを作るのもおすすめ!

ホットみかんジュース

この時期、大量に買ったりもらったりすることも多いのが温州みかん。おうちにたくさんある時には、ホットジュースに仕立ててみてはいかがでしょうか。果汁を絞って電子レンジか小鍋で温めるだけ。甘みはハチミツなどで好みに調整してください。
どこか懐かしいような甘酸っぱさが温かく広がり、スイーツのような満足感のある飲み物になります。

柚子と生姜の王道コンビ

手軽に体を温めたい時は、柚子と生姜の和風王道コンビを、ホットでいただくのはいかがでしょうか。
柚子の果汁は酸味が強く、量も少ないので、そのまま飲むのではなくお湯で割って飲むのがおすすめです。
マグカップに柚子1〜2個分の絞り汁と、皮を少しだけ、さらにお砂糖やはちみつを好みで入れ、熱湯を注ぐだけ。おろし生姜も入れると、体がポカポカ温まります!

フランスのおばあちゃんの味「グロッグ」

冬は、国産レモンの出回る季節でもあります。
アルコールが苦手でなければ、フランスで昔から風邪予防の飲み物として愛される「グロッグ」を試してみてはいかがでしょうか。
1〜2ショットのダークラムにレモンを半個分ほどしぼり入れ、お砂糖やシナモンもお好みで加えます。そこに熱々のお湯を注ぐだけ。
ふんわり甘く温かで、喉元がすっきりするホットカクテルです。

ビタミンも摂りつつ、爽やかな酸味と甘みに癒される柑橘ホットドリンク。真冬の朝のおめざや、お部屋でゆっくり過ごす夜にリラックスするための1杯として活用してみてくださいね!