寒い季節に楽しいグルマン系のバスタイム

November 21, 2018

近年、香りの世界で流行しているのが「グルマン系」のフレグランス。

バニラやチョコレート、キャラメルなどの美味しそうな香調のことを言います。
それにあやかって、ちょっと「美味しそう」なお風呂はいかがでしょうか?
もちろんグルマン香調を取り入れた入浴剤なども素敵ですが、今回は本当に美味しいモノを使ったお風呂の愉しみかたをご紹介します。

オートミール風呂

オートミールはオーツ麦を食べやすく加工した食品で、お水やミルクでお粥のように煮て食べるのが一般的ですが、実は自然な保湿作用も期待され、基礎化粧品などに入っていることがあります。例えば欧米では冬に肌が乾燥してしまった子供を、オートミール風呂に入れる習慣があるそうです。
やり方は簡単でガーゼの袋などにオートミールを入れ、袋の口をしっかり閉じて浴槽に入れるだけ。この袋をモミモミしながら入浴を楽しみましょう。とろりと柔らかい入り心地がクセになりますよ!

はちみつ美容

乾燥が気になるこの季節の強い味方といえば、はちみつ。
浴槽に大さじ3杯ほど入れたり、シャンプーや石鹸、クレンジングと混ぜて使うこともできます。
バニラ系の入浴剤などと組み合わせるのも楽しい!なんとも甘い気分のバスタイムとなります。

柚子湯

日本古来の冬のお風呂と言えば、やっぱり柚子湯です。
冬至の日に入るのが一般的ですが、普段のお風呂にもおすすめ。爽やかな良い香りがたっぷりとお風呂場を満たします。
普段づかいなら丸ごとの柚子を入れるのではなく、皮や果汁をお料理に使った後の残りの部分を無駄なく活用するのがおすすめ!
オートミール風呂と同じように、布袋に入れてお風呂に入れれば、お掃除も楽ちんです。

朝晩が冷えるこの時期、お風呂を楽しく演出して、心もカラダもポカポカした夜を過ごしましょう。