栄養満点!ベトナム気分の「朝フォー」はいかが?

June 12, 2018

東南アジアに旅行に行くとよく目にするのが、人々が朝、屋台で小さなボウルの麺を食べている光景。

ちょっと変わった朝ごはんを食べたくなったら、おうちで「朝フォー」を試してみてはいかがでしょうか。

タンパク質、野菜、炭水化物

暑いベトナムの料理であり、夏にも食べやすいフォー。
朝ごはんとしてのフォーは、具材の栄養が溶け込んだスープに、お肉、お米の麺と、トッピングの野菜をいっぺんに取れるのが魅力です。
ついつい冷たい料理ばかりになりがちな朝の食卓で、お腹を温めてくれるのも嬉しいところ。

カンタン朝フォー

本格的にフォーを作るには、スープを取ったり、麺を戻したりと、意外に手間がかかるもの。忙しい朝にはちょっと大変ですよね。
そこでオススメなのが、お湯を入れるだけのインスタントフォーをアレンジする方法です。
お水から鶏ささみを茹で、その茹で汁をお湯の代わりにしてインスタントフォーを作るとカンタンです。
トッピングにモヤシや青菜やパクチーをのせたり、ナンプラーやレモンで味を変えて楽しめば、もっとベトナム気分。

体を温め、幅広い栄養素が摂れるフォー。朝の水分補給の一助にもなるので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。
朝の気楽なお台所仕事は、くつろいだワンピースで。