実は眠りの強い味方!お風呂上がりは「ノンアルコールビール」がいいかも?

May 10, 2018

眠る前のドリンクとしては、ホットミルクや温かいハーブティーが一般的。

でも、暑さが増してくるこの季節「お風呂上がりに冷たいものをキューっといきたい!」なんて気分の夜もありますよね。
そんな時にオススメなのがノンアルコールビール。実は、眠りに良い成分がたっぷりなんだとか!

眠りのハーブ「ホップ」

ビールの心地よい苦味や香りのもととなる「ホップ」は、古来、眠りのハーブとして、また天然の鎮静剤として愛されてきたと言います。
もちろんノンアルコールビールにも使われていて、ビールらしい風味や爽やかな飲み心地を作っています。

さらにノンアルコールビールの主な原料となる麦芽は「GABA」というアミノ酸を含み、この成分もリラックス効果が期待できます。

「ノンアルコール」が大切!

上記のホップやGABAはもちろん普通のビールにも含まれるのですが、やはり日々飲むとするとアルコールが問題です。
アルコールを飲むと寝つきがよくなったような気にはなりますが、実は眠りは浅くなり、睡眠の質を落としてしまいます。
それなので、普段の夜、喉の渇きを癒すならノンアルコールビールがオススメ。

すっきりとした飲み心地を楽しみながら、水分補給、さらに眠りをよくする効果も期待できる、とてもオトクな飲み物です!