春のお風呂、ケアすべきパーツとは?

March 12, 2018

そろそろ暖かさも本格的になってきました。

薄着の季節になる前に、お風呂の時間を使って、冬の間は隠れていたパーツをお手入れしてみてはいかがでしょうか。

つやつやのデコルテに

首から胸元にかけての「デコルテ」。女性らしい美しさの象徴のようなパーツです。
暖かくなるにつれて、襟もとも露出しがちになるので、まず日焼け対策をしっかりしていきましょう。
お風呂では、ぜひマッサージを。首筋を上に向かってやさしく撫で上げたり、鎖骨の周りを外側に向かってほぐしていくと良いと言われています。
体を洗うついでにも、またお風呂上がりに水分を拭かないまま、香りの良いマッサージオイルを使うのもおすすめ。心地よく癒されながら、艶やかなデコルテを作ることができます。

くるぶし、かかともふんわりと

本格的に暖かくなってくれば、ミュールやサンダル、短めのボトムスの季節はすぐそこです。
かかとやくるぶしも、春仕様に柔らかく整えておきましょう。
お風呂の前に、天然毛ブラシでドライブラッシングをして角質を落としたり。湯船でよく温めた足をシルクのタオルやスポンジを使って磨いたり。
また、お風呂上りには、顔のケアのついでに手に残った化粧水や乳液をなじませると、楽チンにケアすることができます。

デコルテやくるぶし・かかとは、顔や手元に比べると目立たないパーツですが、だからこそ美しく整えられていると、かなり美人度が上がります。
春の夜のお風呂タイムに、楽しみながらゆっくりケアしてみてくださいね。