ラテより少し大人?「フラットホワイト」の魅力

March 07, 2018

朝のひとときを彩るコーヒー。最近はおうちでドリップコーヒーを淹れるだけではなく、通勤や通学の途中でコーヒーショップに寄って本格的なカフェラテを買うという人も多いですよね。

そんなラテ派のみなさんの間で、今、ジワジワ来ているのが「フラットホワイト」という飲み方です。

ニュージーランド生まれの「フラットホワイト」

フラットホワイトというコーヒーの飲み方は、ニュージーランドやオーストラリアから広まったものです。
味を大まかに言えば「カフェラテに似ているけれど、ちょっとコーヒー感強め」といったところでしょうか。

レシピはお店によって多少変わりますが、エスプレッソに、滑らかにスチームしたミルクを加えるのが一般的。クリーミーなミルクと、エスプレッソのクレマ(泡)が溶け合う美味しさを楽しむことができます。

カフェラテやカプチーノとくらべてエスプレッソの香りや苦みが際立つように作るので、ブラックコーヒー党の人がミルク入りを楽しみたいときや、いつものラテより少しガツンとしたものが飲みたい朝にもぴったりです。

日本でも飲める

エスプレッソとスチームドミルクでフラットホワイトを作るには、やはりエスプレッソマシンが必要になりますが、これはなかなかお家で作るのは難しいですよね。
お手軽に近いものを楽しむなら、レンジで温めた牛乳をミルクフローサーで泡立てて、かなり濃いめに溶いたインスタントコーヒーと合わせて。

また、最近は日本でもフラットホワイトがメニューにあるカフェが増えました。メニューに無いお店でも、細かい注文のできるお店なら「エスプレッソ1とスチームドミルク2くらい。ラテよりエスプレッソ強めな感じで!」と頼んでみるのもアリです!

コーヒー好きが深く満足できるミルク入りコーヒー「フラットホワイト」。街で見かけたら、頼んでみてくださいね。