冬の眠り。ベッドの中まで、厚着はNG!?

November 27, 2017

夜が寒くなってきました。

厚着、重ね着するのは、実は睡眠にはあまりよくないと言われています。

リラックスタイムは重ね着で

お家でゆっくり過ごすリラックスタイムには、もちろん重ね着や厚着OK。
ふわふわのルームシューズや、たっぷりと体を包むガウンやカーディンガンなどを活用して、お布団に入る瞬間まで体を冷やさないように過ごしてください。

お布団に入るときは「パジャマ」が一番

いざお布団に入るときには、オーソドックスなパジャマのような、体を締め付けず、動きを邪魔しないウェアが一番です。

まずピチピチの締め付けは血行を妨げます。
そして厚着で動きが阻害されると、寝返りが打ちづらく、疲労感を貯めてしまうことがあると言われています。

お布団の中は身軽に。朝や夜中に起きた時用に、ベッドサイドにはポカポカの羽織り物と履物を置いておくのが冬におすすめのスタイルです。

あったか素材でも、動きやすいものを

とはいえ、やっぱり薄いパジャマでは心配という場合は、1枚でも温かい素材のものを選びましょう。
ふわふわの素材でも、すっきりと体に沿うデザインのものがおすすめです。
極度にモコモコしたぶ厚いものを選んでしまうと、寝ている間に窮屈になってしまいがちです。
よく伸びて布団の中でかさばらないようなポカポカウェアを見つけたら、冬の強い味方になってくれます。

温度調節の主役は「寝具」!

そして寒さを防ぐための主役となるのは寝具です。
ウールの毛布の上に、羽毛布団を重ねると、パジャマ1枚でもかなり暖かく眠ることができます。さらに寒がりの人には、敷布に温感素材を使うのおすすめ。

ポカポカの寝具に肌触りのいいパジャマ1枚で飛び込む瞬間は、とっても気持ちいいですよ!

 

 

なめらかな肌ざわりにうっとり。定番パジャマ