寝室アイテムは「触覚」を研ぎ澄ませて選ぶ

October 11, 2017

寒さを感じる日も増え、ふと新しい寝具やパジャマを揃えたくなる時期です。

しあわせに眠るために、寝室アイテムの選び方で重視したいのが「肌ざわり」。自分の感覚を研ぎ澄ませてセレクトしましょう!

触覚を大切に

ぐっすり眠りたいとき、穏やかな音楽をかけたり、スマホやテレビから遠ざかったり、アロマを活用することなどはよく知られています。
ところが、意外に重視する人が少ないのが「触覚」からのアプローチ。肌から心地いいと感じることも、リラックスの大切な要素です。

違和感をほおっておかない!

ゴワゴワした寝具で違和感を感じる。体を締め付けるウェアで寝る……。
ちょっとした不快感をほおっておくと、寝返りが増えて疲労感を覚えたり、十分にリラックスできなかったりと、「ぐっすり」から遠ざかってしまう結果に。
かすかな違和感を改善していくことで、ベッドタイムが格段に快適になりますよ!

自分の「気持ちいい」にしたがって

パジャマでも寝具でも、自分が気持ちいいと感じられる肌ざわりのアイテムを選ぶこと。

寝具ならシーツや枕カバー、肌掛け毛布など、直接触れるものは特に触覚をフル稼働で選びましょう。
ちなみに肌ざわり界のスーパースターはシルクのシーツや肌掛け、カシミアの毛布など。お値段は張りますが、とても快適な寝具です。

また、スリープウェアも大切です。
お布団に入るときにはゆとりのあるパジャマを。ベッドサイドにすぐに着られるカーディガンや、ルームシューズを用意しましょう。こちらも自分の肌感覚にしたがって選ぶのがおすすめです。
ゴワゴワ分厚いスウェットや、首の後ろがゴロゴロしてしまうパーカーはお布団の中では脱ぎましょう。

何より大切なのは、自分の気持ちいいという感覚です。ぴったりの寝室アイテムで、秋の眠りを「ぐっすり」しちゃいましょう!