しあわせな眠りを作る「シルクの手袋」

October 05, 2017

秋風が気持ちよい季節となりましたが、寒さや乾燥で手肌がカサカサしてくる…という悩みも出てくるこの時期。

眠るときにシルクの手袋をつけて、ちょっと優雅にケアしませんか?

寝るときの手袋は…

寝る前にハンドクリームを塗る人は多いのではないでしょうか。
しかし、せっかく念入りにお手入れしても、結局のところお布団や枕でこすれてしまいがち。

そこで眠るときのための手袋はいかがでしょうか。ハンドクリームごと手を保護し、しっとりとした手肌をつくってくれます。
また、乾燥からくるかゆみがボディに出やすい人には、無意識に掻いてしまうのを防止する効果も。

眠り時間だからこそ、素材にこだわって

一見いいことづくめの手袋ですが、中が蒸れる素材のものでは、逆に肌荒れの原因にもなりかねません。
オススメは綿かシルク。天然素材で安心感があるだけでなく、吸湿・放湿性にすぐれ、ちょうどいい湿度を保ってくれます。

シルクの手袋はこんなメリットも

冷えも気になるこれからの季節には、特にシルクがおすすめ。
まず適度に保温をしてくれます。
そして、しっとりなめらかな肌ざわりは心地よく、手袋をつけているストレスを感じさせないのも魅力です。

シルクの手袋のエレガントな質感は、美容効果以上の楽しみをくれますよ!