寝室の香りに「サシェ」を選ぶ理由

October 03, 2017

サシェ(Sachet)は、日本語では匂い袋、香り袋と呼ばれるもの。ポプリや乾燥ハーブ、香水を落とした綿などを小さな袋に入れたアイテムです。

このいい香りの小さな袋、実は寝室の香りづけにぴったりなんです。

火も、電気も、水もいらない

サシェの特徴の1つが、そこにあるだけで香りを発してくれること。
火を焚いたり、電気を使ったりする必要がなく、液体系のフレグランスのように倒したりこぼしたりする心配もありません。
また普段のお手入れがほとんどいらないので、眠っているときも安心。まさに寝室向けの香りアイテムです。

使い方はいろいろ

小さくて軽いサシェは、使い道も様々。
枕元に置いて優しい香りを楽しんだり。下着やスリープウェアのチェストにそっと忍ばせたり。
クローゼットの中、ハンガーの首元にかけるのもおしゃれ。
またルックスも可愛いものが多いので、持ち歩きにも便利です。

香りを選ぶ楽しみ

市販のもの、手作りもの、とにかく香りや素材が幅広いのもサシェの魅力です。
枕元に安眠のハーブ「ラベンダー」のサシェを置いたり。
かすかに香らせたい日は、中身が乾燥ハーブのみのものを選んだり。
タンスや靴箱に入れるなら、防虫効果を持つものもあります。
また、これからの季節はりんごやみかんの皮を乾燥させたポプリも大活躍!

お気に入りの香り、かわいらしい布とリボン。愛おしい小さな香り袋を寝室に置いてみてはいかがでしょうか。