安眠のために。夏こそお風呂!

July 31, 2017

暑さに湿気に消耗するこの季節。ついついシャワーで済ませちゃう…そんな日も増えるのではないでしょうか。

しかしおつかれ気味の夏こそ、しっかり湯船につかることで、安眠や疲れの回復を狙いましょう!

ぬるめのお湯で

オススメの入浴法は38度前後のぬるめのお湯に10分〜15分程度。
就寝の1〜2時間前に入っておくと、ゆったり眠りに入ることができます。
暑くて入るのがツライ場合は、メントール入りの夏用入浴剤などを使うと入りやすくなります。

しっかり冷えを取る

夏とはいえ、外気温とエアコンの冷気のギャップで、実は末端が冷えている女性は多いもの。湯船に浸かってはじめて「ああ、私、冷えてたんだ…」なんて気づくこともあります。
冷えが強いと感じる時には、さらにお湯をぬるめに設定し、心臓より下だけつかる「半身浴」で20分程度ゆったり入るのもオススメです。
ただし、あまり長風呂してしまうと、お肌がカサつく原因となりますからほどほどに。

ボディケアも湯船で済ましちゃう!

汗をかいてしまって、クリームやミルクを使ったボディケアがうまくいかないことも多い夏。湯船がここでも大活躍します。
方法は、髪も体もすっかり洗ってから、保湿効果のある入浴剤を入れたお風呂につかるだけ。
洗い流さずにそのまま軽く水気をふけば、お風呂上がりの保湿いらずです。