お魚足りてる?忙しい日にもパパッと食べる方法

June 19, 2017

海に囲まれた日本。
美味しいお魚料理もたくさんありますが、忙しい毎日の食事は、ついついお肉や炭水化物にかたよりがちです。
しかしお魚は、良質なタンパク質や、女性に不足しがちなカルシウムなどもたくさん含まれています。また青魚のDHA・EPAは美肌やアンチエイジングにも効果があると言われています。
これは食べない手はない!
ということで、忙しい日にもパパッとお魚を食べられる方法をご紹介します。

簡単ハワイアン!マグロぶつで「ポキ」風

安価なマグロを美味しく食べられるのが、ハワイのお料理「ポキ」です。
お刺身とお野菜などを調味料やスパイスで揉んだ、いわばハワイ式のヅケ。

マグロのブツを買ってくれば、切る手間もありません。
さらに美容に嬉しいアボカドを加えれば、栄養満点です。
お醤油+ごま油、ビネグレット、マヨネーズなどなど、好みの味付けで和えるだけ。
夜のお酒のおともにもぴったりですよ!

小魚で手軽に1品プラス

包丁も火も使わず、とっても簡単に食べられるお魚の筆頭が、ちりめんじゃこやシラス干しなどの小魚。頭から尾まで丸ごと食べる、まさにホールフードです。

朝ごはんの食卓に、そのまま出しても1品。
大根おろしを添えるのも
固めに干してあるものは、お酢と1滴のお醤油をかけても美味しいですよ!

忙しい日にサバ水煮缶詰

働く女性の強い味方が、サバの水煮缶詰。
味付けされていないので、カロリーや塩分は控えめ。美容やダイエットに良いものがたくさん詰まっています。

きゅうりを刻んで添えて、お醤油やポン酢で。
バゲットやピタパンに挟んで、ベトナムの「バインミー」風に。
パスタのトマトソースやカレーの具材としても、意外にイケたりします。

ご馳走じゃない、なんでもない日の食事にもお魚を。
嬉しい成分をたっぷり取り入れちゃいましょう!