「香水以外」でほのかに香る美女になる

June 14, 2017

ニオイのお悩みが増えてくるこれからの季節。できれば、どんな時でもさりげなくいい香りをまとう女性でいたいものですよね。

しかし夏は蒸れるので、香水のつけ方にも気を使います。
そこで今回は香水以外を使って、体全体をふわっと香らせる方法をご紹介します。

ほのかに香るフローラルウォーター

さりげなさ重視なら、フローラルウォーターがオススメです。
花などの精油を作る際に、副産物としてできるいい香りのお水です。ローズウォーター(バラ水)が特に有名ですね。
他にもオレンジフラワーやカモミールなど、たくさんのフローラルウォーターが販売されているので、お好みの香りを選んで。
フローラルウォーターの使い道は多彩で、ボディや髪のケア、ルームスプレー、飲用まで幅広く活躍してくれます。
香り付けなら、フェイスケアやボディケアのプレローションとして使ったり、髪や頭皮にスプレーしたり。ミストスプレーとして持ち歩けば、外出先でのリフレッシュにも使えます。

お気に入りの香りをライン使い

お気に入りの香水がある場合、その香りのシャワージェルやシャンプー、ボディクリームなどラインで販売されている別アイテムを揃えるのも手。
あえて香水を使わず、バスタイムとボディケアに使うことで体全体を香らせます。
何段階も重ねるので、比較的しっかりと香りを印象付けることができます。
いくつかのラインを、気分によって使い分けるのも楽しいですよ!

エッセンシャルオイルで経済的にライン使い

自分の香りを統一でき、夏にも取り入れやすい「香りのライン使い」ですが、ハイブランドのアイテムとなると、なかなかお高くなってしまうのが困りもの。
お得に香りを揃えたい場合は、無香料のシャンプーやボディソープに、エッセンシャルオイルを1滴混ぜる方法もあります。
ラベンダーやグレープフルーツなど好みの1種類でもいいですが、ブレンド精油を使えばより複雑な香りを楽しむことができます。
ボディケアやヘアケアには、キャリアオイルに同じ精油を落としたものを使うと、より統一感が出ます。
キャリアオイルと精油を混ぜる場合は、50mlに10滴ほど。1%の濃度が目安です。