寝起きの「水分補給」は、ここに注意!

June 08, 2017

人間は眠っている間に「コップ1杯分」もの汗をかく…というのは有名な話ですが、実は夏の暑い夜にはさらに汗の量は増えるんです。

起き抜けの乾いたカラダを潤すおすすめの水分補給方法や、その注意点をご紹介します。

お水かお白湯がおすすめ

朝一番の水分補給は、やはり「白湯」がおすすめ。お水を沸かした、いわば「ただのお湯」ですが、刺激が少なく、カラダのめぐりを良くしてくれると言われています。

もちろんお水でもいいのですが、胃が冷えてしまうので常温がおすすめ。
さらにこだわるなら、赤ちゃんのミルクに使われる「湯冷し」をどうぞ。
5分以上沸騰させたお湯を冷まして作ります。赤ちゃんが飲んでも安心とされるし、殺菌もできるから。
大人でも、お腹が弱い人はぜひ試してみてください。

ここに注意!

朝一番に水…とは言っても、本当の起き抜けに飲むのはおすすめできません。
寝ている間、歯磨きや食事をしないお口の中には、雑菌がたくさん繁殖しています。起きてすぐ水を飲んでしまうと、この菌も一緒にお腹に入れてしまうことになるのです。

朝起きたら、まずうがいや歯磨きなどで汚れを流して。きれいなお口でゆっくり水分補給をしましょう。