キーンと寒い冬の朝、ベッドを出る勇気をくれる4つの方法  

December 07, 2016

冷えた空気に、お布団から出るのがつらい冬の朝。
ちょっとした準備や工夫が、起きるのを楽にしてくれます。

頑張って起きた自分に、温か&スイートなご褒美を。

寒い冬の朝、頑張って起きた自分に温かな「ご褒美スイーツ」や「ご褒美ドリンク」を用意しておくのも楽しいやり方です。
「起きたらあれを食べよう!」と考えただけで元気になれるような、ちょっと特別な食べ物やドリンク。デパ地下やスイーツショップで探してみるのも幸せな時間ですよね。

すぐに着られる温かウェアを枕元に!

ベッドサイドには、すぐに羽織れるガウンやカーディガン、あったかいルームシューズなどを用意しておきましょう。
お布団で温まった体を冷やさずに活動開始できるので、一歩踏み出す勇気が出やすいですよ!

起きる前に布団の中で「伸び」やストレッチをする。

冬の寒さの中にいきなり起きだすと、血管や心臓にも負担がかかると言われています。
目が覚めたら、まずお布団の中で「伸び」や簡単なストレッチをしましょう。
手や足を軽くぶらぶらさせたり、指でグーパーを繰り返すだけでも、目覚めがすっきりします。

目覚めの一杯は白湯を飲む。

朝起きて、まず口にするのはインドの伝統医学アーユルヴェーダでも勧めされている「白湯」がおすすめ。
胃腸への刺激が少なく、体の中からやさしく潤し、温めてくれます。

布団が恋しい冬だからこそ、快適に起きる工夫をしてみるのはいかがでしょうか?