あなたは大丈夫?冬の快適眠りのためのチェックポイント3つ

November 30, 2016

いよいよ寒さも本格的に。寝室での過ごし方にも冬支度が必要です。
冬の眠りの要注意ポイントを3つピックアップ!

 「厚着」しすぎていませんか?

寒い夜、ついつい厚着をしてしまいがちです。しかし過度な重ね着には要注意!
窮屈感があり、寝返りも打ちづらくなるので、睡眠中のストレスとなってしまいます。
たっぷりの重ね着を楽しむのはベッドに入る直前まで。眠る時は体を自由に動かせるウェアがおすすめです。

 ソックスは「ナイト用」を選んでいますか?

睡眠中に靴下を履くことについては賛否両論ありますが、やはり「足が冷たくて眠れない」という夜もありますよね。
そんな場合、ソックスは締め付けがゆるく、柔らかい素材の「ナイト用」を選びましょう。
昼用のピチッと締め付けるソックスでは、血行が悪くなり、逆に冷えを悪化させてしまうことも。

 寝室内は乾きすぎていませんか?

エアコンを付けて寝たら喉が痛くなった……なんて経験のある人は多いのではないでしょうか。
寝室の湿度は50〜60%が良いと言われています。
お風呂上がりのバスタオルを顔の近くに干して、自然な加湿をするのがおすすめです。
加湿器ももちろんいいのですが、やりすぎると結露やカビを招くので湿度計で管理するとより良いです。

寒さや強風に疲れてしまいがちなこの季節だからこそ、ちょっとの工夫で、寝ている時間を快適に過ごしてみませんか?