乾いてない?「うるうる女子」をつくるベッドタイム習慣【秋の眠りを快適にするヒミツ】

November 16, 2016

秋、気温とともにガックリと下がるのが「湿度」です。夏の肌ケアをついついそのまま続けてしまって、乾燥に悩む女子が続出!
この時期にしっかり肌を整えて、さらに厳しい冬の乾燥に備えましょう。

乾燥注意!うるうるの眠りを

まず、この時期にきちんとしておきたいのが「スキンケアの見直し」です。
いま使っているアイテムや、その使い方が現状に合っているかどうか、自分の肌とゆっくり対話してみましょう。

カサカサゴワゴワと敏感になっている気がする夜は、あれもこれもとアイテムを欲張りたくなるもの。だけど、一度「ごく丁寧なシンプルケア」に戻してみるのもおすすめです。
やさしい洗顔料と化粧水。上質でシンプルなオイルやクリーム。単純なアイテムだけで時間をかけてケアしてみて。翌朝、どんな肌になっているか観察しましょう。

一旦、肌の引き算をしてみると、次に足すべきものが何か見えやすくなるかも。

ただし、すでにトラブルが起こってしまっている場合は、ちゃんとお医者さんの指示を仰いでくださいね!

そしてベッドタイムには、スキンケア以外にもお肌のためにできることがたくさん。
例えば…

※全身の乾燥が気になっている夜は、長風呂を控える
※夜の入浴後に、カフェインの入っていないハーブティーや白湯でしっかりと水分補給

などなど、体の内側や生活習慣から「乾燥」を防いでいきましょう!