朝の「うがい」をもっと爽やかにする方法

December 06, 2017

乾燥が気になる季節、のどや口の中を清潔に保つには「うがい」がぴったり。

でも、うがい薬ってちょっと苦手…という方も多いのではないでしょうか?
今回は朝のうがいをもっと気持ちよく、さわやかにする方法をご紹介します。

塩水でノドを清らかに

「塩水」でのうがいは、抗菌作用があると言われています。
やり方は、ぬるま湯にお塩を溶かして、ちょっとしょっぱいくらいの塩水を作るだけ。
丁寧にうがいをすれば、ノドや口の中に爽やかな感覚が得られます。
また塩は古来から日本では「清める」ものとしてお馴染み。気分もすっきりとしますよ!

お茶うがいは、効果抜群!

塩水と同じように風邪予防などに効果があると言われているのが「お茶」のうがい。
オススメは緑茶、もしくは紅茶です。
朝のお茶を淹れたら、うがいにも使ってみてはいかがでしょうか。
ただしお茶は歯への着色の恐れもあります。お茶うがいの後には、歯磨きしたり、お水でブクブクとうがいするようにしましょう。

ハーブティーでリラックス

ちょっとリラックスしたい朝には、ハーブティーを使うのも素敵です。
オススメは殺菌効果があるとされる「タイム」の入ったもの。
すっきり感をさらに強くしたい時には、ミントティーもぴったりです。
まろやかな使い心地が欲しい日には、はちみつを少し溶かすと、とっても美味しいうがいができます。

ノドを綺麗に保ち、潤しておくために。
お気に入りの「うがい」を極めてみてはいかがでしょうか?

首元までふんわりあたたかなワンピースで、朝のひとときを